【受けキャン】ウーバーイーツ配達のキャンセル方法、キャンセル率はどうなる?

ウーバーイーツ配達でリクエストを受けた後にキャンセルする方法です。

配達の依頼を受けた後にキャンセルせざるを得ない状況も想定されるのでアプリにはキャンセルの操作があります。

ただし、キャンセルと言ってもタイミングにより大きな違いがあります、それはピックアップの前か後かです。

ピックアップ後、つまり料理を受け取った後のキャンセルは基本的にNGですが、商品を破損、交通事故等でやむを得ずキャンセルせざるを得ない場合はサポートへの連絡が必要となります。

それでは、ピックアップ前後のキャンセルに分けて説明していきます。

スポンサーリンク

ウーバーイーツ配達のキャンセル方法

まずはウーバーイーツ公式のキャンセルに関するコメントを抜粋します

Uber Eats は、配達の依頼を受けた後にキャンセルせざるを得ない状況があることを理解しています。

レストランに到着していない、または注文をピックアップしていない場合は、リクエストを速やかにキャンセルしてください。そうすることにより、他の配達パートナーがマッチングされ、遅延することなく注文者に商品をお届けすることができます。

すでにピックアップしていて、指定された住所に向かっている場合は、Uber Eats サポートセンターまでご連絡ください

弊社から注文者にキャンセルする必要がある旨をお伝えします。

引用元 配達リクエストを受けた後にキャンセルする必要がある場合

ピックアップ前のキャンセルは速やかに行うことで、他の配達員にそのリクエストが早く行くことがわかります。(ただし、受けキャンの乱発はキャンセル率の急上昇に影響します)

ピックアップ後のキャンセルは重大な事がわかります。

ピックアップ前(受けキャン)

ピックアップ前のキャンセル、いわゆる受けキャンについてはアプリの操作だけで完結します。

・ピックアップ地点がわからない

・遠く離れすぎている

・待ち時間が長すぎる

・商品が大きすぎる

上記などの理由でやむを得ずキャンセルを選択する場合もあるでしょう。

アプリでのキャンセル方法

キャンセル画面に行く方法は2通りあります。

キャンセル方法(a)

アプリ画面下のピックアップ先の店名をタップします。

左下の「〇△!」マークをタップします。

該当する理由をタップします。

「はい、キャンセルします」をタップします。

キャンセル方法(b)

アプリ右下のマークをタップします。

1件のリクエストの場合の画面

ダブルピックのリクエストの場合の画面

ピックアップ・配達もしくは受け渡し・配達の横のマークをタップします。

注文者名、料理名が表示されます、そのまま下までスクロールして「問題を報告する」をタップします。

該当する理由をタップします。

「はい、キャンセルします」をタップします。

ピックアップ後

ピックアップ後、料理を受け取った後でのキャンセルは先ほどのピックアップ前と大きく意味合いが違います、基本的にはNGです。

ピックアップ後にどうしてもやむを得ない理由(商品の破損、交通事故など)でキャンセルせざるを得ない場合はサポートに連絡してキャンセルしましょう。

ピックアップ後のやむを得ない理由以外でのキャンセルはアカウント停止につながる可能性もあるので要注意です。

注文者が不在の場合について(キャンセルしなくて良い場合)

注文者の住所に到着して注文者と連絡が取れない、不在の場合は規定の手順を行いましょう。

・注文者に2回電話

・10分タイマー

以上の手順を行い、2回の電話、10 分タイマーがゼロになって後に 「配達を完了」 をスワイプすれば、通常どおりに配送料が支払われます

キャンセル率について

現状、キャンセル率がどの程度でアカウント停止になるかは不明です、キャンセル率が高くなるとまずは警告メールが来るようです。

キャンセル率は週単位で測られて警告やアカウント停止につながるようです。

キャンセル率、応答率、評価を確認するUber Fleet(ウーバーフリート)

自分のキャンセル率、応答率の確認方法はUber Fleetから確認できます。

Uber Fleetはandroidアプリでもあります(iPhoneは無し)が、ブラウザ版から確認することも出来ます。

ブラウザ版のUber Fleetにログインすると、売上げ・乗車・評価の項目があります。

評価の項目に通算評価・応答率そしてドライバーのキャンセル率が表示されます、参考にしてください。

以下の「応答率、キャンセル率、評価をUber Fleet(ウーバーフリート)で確認する方法」でもUber Fleetについて詳しく紹介しています、参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました