UberEats(ウーバーイーツ)の配達バッグを大解剖、デリバリーの機能性を追求

UberEATS(ウーバーイーツ)の配達パートナーが使用している配達バッグ、通称【ウバッグ】について解説していきます。

これまでの配達バッグの改良を重ねて現在(2019年登場)の最新版は第4世代になり防水機能などが強化されウーバーイーツ配達パートナーの中でも評価の高い配達バッグになっています。

まずはウーバーイーツの配達バッグについてあまり知られていない2点について説明します。

・ウーバーイーツの配達バッグはAmazon(アマゾン)で誰でも購入可能

・配達時にウーバーイーツの配達バッグは必須ではない(使わない選択肢もある)

それでは1つ1つ簡単に説明していきます。

【ウーバーイーツの配達バッグはAmazon(アマゾン)で誰でも購入可能】

ウーバーイーツの配達バッグはAmazon(アマゾン)で販売されていて特にウーバーイーツ配達パートナーに登録をしていなくても購入(値段4000円)することは可能です。

ウーバーイーツの配達バッグはAmazonで4000円で販売されています。

しかし、まれに品薄で高騰している時期もあります、その時はバッグの価格が落ち着くまで自前のバッグで代用して配達するのも1つの手段です。

先ほど「ウーバーイーツの配達バッグはAmazon(アマゾン)で誰でも購入可能」と書いたように誰でも購入出来るので、

一般の方でもそのサイズ感などが趣味などにちょうど利用できると購入されている方もたまにツイッター上で見かけます。

Nゲージのブックケース用

ボードゲーム用

防災グッズ用

意外とあなたが欲しいバッグの機能性を備えている可能性もあります。(ボードゲーム界隈で一部人気との噂もあります、プライベートで使用すると周りの視線が・・・となるかもしれませんが)

【配達時にウーバーイーツの配達バッグは必須ではない】

UberEATS(ウーバーイーツ)の配達時にウーバーイーツバッグは必須ではありせん、自前のデリバリー用のバッグでも可能です。

何らかの理由でウーバーイーツバッグが手元に無い場合は保冷、保温機能のあるバッグで配達をすることも可能です。

Amazonで「デリバリー バッグ」と検索すれば上のような保冷、保温機能のあるデリバリーババッグが販売されています。

ただし、必須ではありませんがウーバーイーツバッグを使用する方がBAD評価を受けない可能性が高いです

また必須ではないことが余り知られていないためレストランや注文者に少し不審がられる事もあるようで、出来れば使用した方がスムーズに行くと思います。

スポンサーリンク

ウーバーイーツ配達バッグの購入方法

価格 4000円

一般の方

ウーバーイーツの配達パートナーとは関係なくウバッグが欲しい方は普通にAmazonで購入することが出来ます

配達パートナーの方

以前は登録時に面談するパートナーセンターで配布されていましたが

緊急事態宣言などによりパートナーセンターが2020年3月に閉鎖のためUber Eats(ウーバーイーツ) 配達バッグはAmazonで購入になっています。

デポジット制になるのか、実費で購入になるのかは登録時のメール案内などで確認してください。

仮に実費で購入して配達にのみ使用する場合は経費になります。

スポンサーリンク

ウーバーイーツ配達バッグの仕組み

第4世代のウーバーイーツの配達バッグの主な機能としては

防水機能【多少の雨天なら雨を防げます、ただし背面はメッシュになっています。】

保温・保冷機能【デリバリー用のバッグですから、保温・保冷性に優れています。】

付随【サイドポケット、ドリンクホルダー、小型ポーチ】

収納性【折り畳むことでコンパクトになります。】

ウーバーイーツ配達バッグのサイズ(寸法)

 奥行
外寸(約)45㎝45㎝28㎝
内寸(約)41.5cm44cm24.5cm

色は黒地に、「UberEats」のロゴ、サイズとしては縦・横が45㎝で同じ、奥行が28㎝になります。

内寸も実測しました、ちょうど上記ののサーモス ソフトクーラー 15L(幅25×奥行19×高さ34cm)、サーモス ソフトクーラー 5L(幅24×奥行15×高さ19cm)がすっぽり仕切りの片側に収まる大きさです。

ウーバーイーツ配達バッグの使い方、機能

料理の種類により仕切りを縦にしたり、横にしたりして使用します。

基本は縦で仕切りで使用することが多いでしょう、個人的な頻度としては縦8割、横2割程度です。

仕切りにより片側をホット、片側をクールと使いわけたりします。

バッグ内の黒い線の部分はマジックテープになっていてそれで仕切りを固定します。(もちろん仕切りを外して側面に付けて丸々使用することも出来ます。)

料理の収納方法、入れ方

料理によってはスペースが空きます、その空間があることによって配達中に料理が揺れてぐちゃぐちゃになる可能性があるので

緩衝材などで空間を埋めておきます

これが実はすごい重要で空間をしっかり埋めてないと配達中に料理がぐちゃぐちゃになっていないか不安になります。

しっかり収納していれば道順だけに集中して配達することが出来ます。

例えばこちらは配達頻度の多いマクドナルドの袋です、ウバッグの中に空間が出来ていることがわかります。

私はこちらのサバイバルシートをある程度の大きさにちぎって空間を埋める緩衝材として使用しています。

みんなそれぞれ料理の収納については工夫されています、100均やホームセンターで空間を埋める材料を探してみるのも良いかもしれません

機能性

前面ポケット

前面下にファスナーがありますので、ファスナーを開きます。

前面のポケット部分が出せます、滅多に使用(大きめのピザなど)することはないです、また元に戻す時はゆっくりファスナーを締めていくとスムーズに戻ります。

前面ポケットのファスナーを開けて行くと

前面ポケットの前の部分も開きます。

内側ボトルネット

両サイドにドリンク用のネットがあります、正直ウーバーイーツの配達では私は使用していないです。

サイドポケット

両サイドにポケットネットがあります、私物の小物などを入れるの便利です。

小型収納

背負う部分のベルトに小型収納ポーチが付いています、マジックテープで取り外し可能です。

固定用金具、ベルト

配達バッグの下面です、固定用の金具が前後左右に合計6カ所、バンドが2個付いています。

折りたたみ方

ウーバーイーツの配達バッグは組み立て式のような形式になっていて両サイドの「A」の板天井分の「B」の板仕切り板底部分の板の合計5板を取り外して

コンパクトにする事が出来ます、ロゴも隠れるようになります。

スポンサーリンク

ウーバーイーツの配達バッグまとめ

慣れて来た方になるとバイク、自転車に固定したりと拡張機能させてカスタマイズされる方もいるようですが

普通に配達を行うなら素のバッグ自体が機能性が良いので

・ウーバーイーツの配達バッグ

・空間を埋める緩衝材

緩衝材は例に挙げたサバイバルシートでも良いですし、100均などでプチプチのような物を探しても良いですし、家にあるタオルでも十分です。

「ウーバーイーツの配達バッグ」「空間を埋める緩衝材」この2点さえあればバッグ周りは十分に配達することが出来ます、逆に色々用意するとバッグの容量を圧迫して本末転倒になります。

もし、もっと自分の配達環境に合わせて快適かつ安心に料理を配達したいならじょじょに工夫していくと良いでしょう。

その他、ウーバーイーツの配達で最低限必要な物から、便利な物まで以下にまとめた記事がありますので参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました