専門知識を活かして副業でクラウドワークスのプロジェクト形式で副収入を得る(30代女性)

今回は副業でクラウドワークスをしている30代女性の体験談です

本業の知識を活かせる案件を選んでこなしているそうです。

 

私は30代の女性でコンサルをやっていますがそれだけではなかなか生活が苦しいのでクラウドワークスでもっと仕事ができないかと思って利用するようになったというのがありました。

スポンサーリンク

タスク形式ではなくプロジェクト形式で稼いでいます

では、実際に私がクラウドワークスを使うようになってどのような作業に時間を割いているかというと私はプロジェクト方式の案件に取り組む事に多くの時間を割いています。

なぜなら、時間単価で考えるとプロジェクト方式の案件に多く取り組んだ方は効率が良いと思うからです。

本業の知識が活かせる案件

また、プロジェクト方式の仕事なら本業絡みの案件もあるので本業に絡んだ作業にも多くの時間を割いています。

ただ、いくらクラウドワークスでプロジェクト方式の案件をやっていてもそこまで稼げるという感じではないので月の作業時間は50時間くらいで7万円くらいです。

では、実際に私がどのようなカテゴリの仕事をしているかというと私が主にやっているのは労働環境に関する悩みの解決法や会社の経営者が抱える労働者との関係に関する困りごとをどのようの解決していくのが良いかといった分野の記事の執筆をしたりしています。

午後に副業クラウドワークスの仕事

そして仕事開始から終了までの流れですが本業の業務を朝のうちに終えてしまった昼過ぎからクラウドワークスで受けた仕事をやるようにしています。

その際に受けた仕事によっては定期的に連絡を入れる必要があるので作業の進捗を伝えたりしながらその日の作業をします。

また、本業の仕事も突然入ってくる事もあるのでその時は昼過ぎからでも本業の仕事をする事があるのですが、その時は一旦クラウドワークスで受けた仕事は中断して

その時は本業をやる事になりますが本業の仕事が落ち着いたらそこから夕方の6時くらいまでクラウドワークスで受けた仕事をやります。

このようにして本業と関係がある分野の仕事をクラウドワークスで受けてお金を稼いでいます。

得意な分野で効率的に稼げるかが重要

クラウドワークスで稼ぐコツはやはり自分が得意な分野で稼ぐのが稼ぐコツになります。

それは自分の得意分野を多くやれば短時間でたくさん案件をこなせるからです。

クラウドワークスのメリットはやはり気軽に空き時間に作業をして本業以外でも稼げるというのがあります。

逆にデメリットは稼げる金額がやはり少ないというのがあります。人によっては外でバイトをした方が良いと感じます。

なのでこれからクラウドワークスで稼ごうと思うなら自分の得意とする分野でできるだけ短時間で稼ぐ事を意識してやっていくのが大事になります。

そうしないとバイトの方が良いと思ってしまう事になるのでそこはしっかり自分の得意な分野でやっていくのがおすすめです。

  • 得意な分野があると稼ぎやすい
  • 副業として収入を得る
  • 空き時間の有効利用
タイトルとURLをコピーしました