ウーバーイーツ配達の現金支払い受付け設定の方法と用意するお釣り、マイナス残高のアプリ操作について

UberEATS(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして現金支払いを受け付ける設定と準備する物について

そして現金払い受け付けの場合の配達時の注意点、それから差額の決済方法まで説明します。

【この記事でわかること】

・「現金払いを受け付ける」設定の方法

・準備しておくお釣り(硬貨、お札)

・便利なアイテム(コインケースなど)

・配達時の注意点

・残高がマイナスになった場合

「現金払いを受け付ける」べきかかどうかの判断については以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ウーバーイーツ現金払い受け付けについて

「現金払いを受け付ける」設定の方法

Uber Driverアプリのホーム画面の右下をタップします

次の画面の右下をタップします

「現金払いを受け付ける」の設定が出来るのでオン/オフを設定しましょう。

設定画面について

「現金払いを受け付ける」の設定が出来る画面が表示できるようになるのは以下の条件のいずれかを満たして現金払い受け付けになった時です。

・100回以上の配達

・Uber Eatsの注文者アプリにあなたご自身のクレジットカードかデビットカードを登録

・Uber Driverアプリにあなたご自身のクレジットカードかデビットカードを登録

100回以上の配達

ウーバーイーツの配達パートナーとして100回以上配達をするとメールで通知されてきて「現金払い受け付ける」が可能になります。

注意したいのはメールで通知されて自動的に最初はオンになっていることです、現金払い受け付けたくない場合はオフにしましょう。

クレジットカードもしくはデビットカードの登録

Uber Driverアプリにクレジットカードもしくはデビットカードを登録するには

Uber Driverアプリのホーム画面の右上をタップします。

「アカウント」をタップします。

「お支払い」をタップします。

「Uberへのお支払い」をタップします。

「お支払い方法を追加」をタップします。

「デビットカードまたはクレジットカード」をタップします。

カードの追加画面からカード情報を入力して追加します、情報を登録後にしばらくして「現金払い受け付ける」設定画面が表示出来るようになります。

用意しておくお釣り(硬貨、お札)について

UberEATS(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして現金支払いを受け付ける設定と準備する物について

5千円札3枚
千円札12枚
500円硬貨3枚
100円硬貨16枚
50円硬貨3枚
10円硬貨16枚
5円硬貨3枚
1円硬貨16枚

最大のお釣りは1000円以下の注文で1万円札を出された場合になりますが、その場合はお釣りで必要なお札は5千円札1枚+千円札4枚(=9000円)になります。

1000円札、100円硬貨、10円玉、1円玉は4の倍数を用意しておくと良いでしょう。

つまり上記なら9000円のセット3個あれば1000円以下の注文に1万円札を出された場合の3回に耐えれます、私の経験上は最大でも1万札を出されたのは2回程度です。

また1万円札を出された時点でお釣りの用意が配達中に足りなくなっても、その1万円札でコンビニなどで少額の物を買ってお釣りを増やすことも出来ます。

最初のお釣りの用意は銀行の両替機やコンビニなどで少額の物を買うなどして用意するのも良いですし、

経験上は最初にお釣りの準備をしたら後はお札も小銭も自然と増えて行きます、私も最初に上記のお釣りを用意しただけで後はお札も小銭も特にわざわざコンビニなどで用意したことはないです。

便利なアイテム(コインケースなど)

ポケットなどに用意したお釣りを突っ込んでいても良いですが、小銭の枚数を素早く数えたり管理をするにはコインケースなどがあると便利です。

私は100均で購入したコインケースに小銭、クリップに5千円札1枚+千円札4枚セットをいくつかはさんでいます。

コインケースでお釣りの管理をすると枚数も一目瞭然ですし、お釣りを渡す時も素早く渡せます。

配達時の注意点(お釣りの計算など)

現金払いの場合は画面下が「配達済み」ではなく「現金を受け取る」になります、「現金を受け取る」をタップすると

金額が表示されますので金額の現金を受け取ります。(現金を受け取る前に「配達済み」をスワイプしないようにしましょう、現金表示画面から前の画面に戻るには右上の「×」をタップします。)

現金決済の場合の受取りの流れ

1.「現金を受け取る」をタップ

2.表示された金額を注文者に見せて現金を受け取る(お釣りがあれば渡す)

3.料理を渡す

4.「配達済み」をスワイプして終了

現金支払い受け付けでのやりとりの注意点としては

お釣りの計算は暗算でもかまいませんが、スマホの電卓を使用することも出来ます。

またスマホの電卓の場合にはあらかじめ請求金額を打ち込んで置いて、注文者から出されたお金をマイナスするという方法もあります。

売上の残高がマイナスになった場合

当たり前ですが注文者から「集金した金額」にはウーバーイーツの取り分(システム代、料理代金)が含まれています。

なので現金決済の配達回数が増えると残高が「ウーバーイーツへの支払い>配達報酬」になりマイナス表示されます(ウーバーイーツへの負債という形になります)。

マイナス残高をそのままにしておくと

「Uberへのお支払い期限が過ぎています」もしくは「Payment due to Uber at」と連絡が来ます、その連絡をタップすると

「お支払い期限が過ぎています」と注意文が表示されます、支払う場合は「続行」をタップします。

私は最初は「Uberへのお支払い期限が過ぎています」連絡が来てもよくわからなかったので放置していました。

その後も何度か来ても4週間くらい放置していましたが特にリクエストが停止にはなりませんでした。

なので正直どの程度の期間、もしくは金額で停止になるのかはわかりません

ただし、余裕があるなら早めに支払うことに越したことはないでしょう。

「総額」と「最低お支払い額」が表示されます、支払う場合は「続行」をタップします。(「最低お支払い額」はおそらくとりあえずは今最低でもこれだけは支払ってくださいという金額だと思います)

金額を確認して「確定」をタップします。(初めてのお支払いの場合はカード会社の方で一旦、支払先が大丈夫かの確認をされる場合がありますのでその場合はカード会社の指示に従って操作しましょう)

Uberへの支払いが完了しました。

「売り上げ」セクションから履歴の確認とカード会社の明細も確認しておきましょう。

現金決済で注文される方も多いですし、

リクエストが来る可能性の幅を広げた方が良いと思う方は現金対応をされても良いのではないでしょうか

タイトルとURLをコピーしました